印刷博物館ブログ – いんぱく通信

バレンタインカードはじめました

2017年02月02日(木) by onsen

本日から14日(火)まで、印刷工房の「知るコース」、「つくるコース」の時間内にバレンタインカードの印刷体験を行います。ミュージアムショップでも無料配布しています。

FullSizeRender

一文字ずつ、活字を組んで印刷しています。

IMG_7706

紙を斜めに置いて印刷しているものもあります。

FullSizeRender3  IMG_7708

水戸芸術館にて

2017年01月31日(火) by koubou

茨城県の水戸芸術館現代美術ギャラリーにて、写真家・石川直樹さんの個展が開催中です。

IMG_8737

南極・北極、ポリネシアの島々にヒマラヤ。石川さんの旅の足跡を写真で辿りながら、世界中を旅しているような感覚です。

ところどころに置かれている言葉は活版印刷。展示への協力というかたちで、当館印刷工房にて組版・印刷を行いました。

白い紙にうっすらくいこんだ活字。

白い紙にうっすらくいこんだ活字。

白い紙にうっすらくいこんだ文字と、極地の写真。しんとした空間です。

極地の写真とともに。

旅道具や思い出の品々。山や旅好きには楽しい展示も!

旅道具や思い出の品々。山や旅好きには楽しい展示も!

「石川直樹 この星の光の地図を写す」 2月26日(日)まで開催されています。


20150319_02

紙の博物館・印刷博物館コラボレーションワークショップ「漉く・刷る 名刺―和紙漉きから活版印刷まで―」を開催します。

紙と印刷を知る計2日間の合同ワークショップ。紙の博物館で和紙を漉き、印刷博物館で和紙に活字を使って印刷して、紙から印刷まで手作りの名刺作りをお楽しみください。
(名刺には、名前・電話番号・メールアドレスを印刷します。住所表記は入りません)

①和紙漉き(紙の博物館) 2017年02月11日(祝・土)13:00~15:00
②活版印刷(印刷博物館) 2017年02月12日(日)13:00~14:30

【費用】 500円(別途各館の入館料がかかります)
【講師】 和紙漉き:紙の博物館スタッフ/活版印刷:印刷博物館印刷の家インストラクター
【定員】 10名(18才以上で2日間参加可能な方)
【お申し込み】 応募期間:2017年1月10日(火)~1月31日(火) 紙の博物館ホームページイベントフォーム

※紙の博物館ホームページイベントフォーム以外のお申込みはご遠慮ください。
※ご応募は1名様1回限り有効です(2名様以上のご応募はお受けいたしません)
※人数が一定数に満たない場合は、開催を中止することがあります。
※応募者多数の場合は抽選となります。抽選結果は、2月4日(土)までにご連絡差し上げます。
※個人情報は本ワークショップに関するご連絡以外に使用いたしません。

みなさまのご応募をお待ちしています!

印刷の家 欧文活字見本帳

2017年01月08日(日) by koubou

「武士と印刷」展も残すところ1週間となり、たくさんのお客様で賑わっています。

印刷工房の活版印刷体験「つくるコース」では、今日も定員を超える多くの方にご参加いただきました。

工房で使用している活字は、日々スタッフが整備しています。

この度、印刷の家所蔵の欧文活字を印刷した見本帳、vol.4とvol.5が完成しました。

どのような書体、サイズがあるかを把握しケースに詰め、使いやすいよう整理しています。

 

IMAG0573_1_1

 

 

年末の印刷工房

2016年12月27日(火) by onsen

早いもので今年もあと二日。印刷工房では、本日と明日、13時半から知るコースを開催しています。おまけの栞をご用意してお待ちしています。

また、つくるコースについては、来年1月から一筆箋の印刷体験が始まります。

image1

色々な絵柄の一筆箋をご用意しています。絵柄や罫線の部分も工房で一枚ずつ印刷しています。

和文の活字を一字ずつ集めて、一筆箋にお名前などを印刷していただきます。木曜~日曜・祝日の15時から開催します(工房前で14時50分から受付を行います)。

image2

欧文活字のケースを片付けて、これから和文活字のケースを並べます。ケースは重いので、スタッフみんなで頑張って並べます。

今年のつくるコースは終了しましたが、来年も多くの皆様にご参加いただけると嬉しいです。どうぞよろしくお願いします。

時空を超えて対面

2016年12月23日(金) by チーズ

「武士と印刷」展も会期残り1ヶ月を切りました。
多くのお客様にお越しいただき、ありがとうございます。

担当学芸員から、面白い話を聞きました。

第2部第2章に『桑華蒙求』(島根県立図書館蔵)という資料があります。
これは備中足守藩第6代藩主木下公定が編纂した書物で、
展示されているのは、1844(天保15)年に木活字により再版されたものです。
ちなみに初版は木版印刷で1710年に印刷されたそうです。

sokamougyu

この文字のかたち、見たことあるような・・・と思っていたそうです。
調べてみたところ、なんと徳川家康が作らせた重要文化財「伏見版木活字」(圓光寺蔵)
で摺られていたということが分かりました。

伏見版木活字

今回の企画展では、重要文化財「伏見版木活字」(圓光寺蔵)に加え、
伏見版木活字で摺られた『孔子家語』『六韜』『貞観政要』等の書物を展示しています。

koshikego rikuto

これらは、伏見版木活字が作られた頃に印刷された書物で、
『桑華蒙求』再版はそれから240年あまり後に、この活字を用いて摺られたものです。

言ってみれば『桑華蒙求』にとっては伏見版木活字は“父”であり、
『孔子家語』『六韜』『貞観政要』等の書物は“兄”のような存在ではないか、
と時空を超えた対面を感慨深く思うのでした。

「武士と印刷」展、1月15日(日)まで開催です。
ぜひこれらの資料を見に来てください。

「伏見版銅活字」と『孔子家語』『六韜』などは
第2部に入ってわりとすぐ音声ガイド6のサインのところに、

fusimifamily

『桑華蒙求』は第2部第2章第3節1701~1750年の
コーナーサインの下に展示されています。

コーナーサイン

オリジナルマスキングテープ販売中

2016年12月14日(水) by Q太郎

新しいミュージアムグッズのお知らせです。

人気のマスキングテープに、当館オリジナルの新作ができました。
テープの詳細を館内の通称とあわせてご紹介いたします。

かなり細かく作りこんだデザインですので、ぜひお手にとってじっくり眺めてみてください。
『武士と印刷』展をご覧になった方は、「あ~、あの資料のね!」と対応させてお楽しみいただけるかも・・・

写真上から
1) 雪華図説(細)・タイル テープ幅15mm ¥388(税込)
2) 八犬伝(太)・モノクロ テープ幅24mm ¥486(税込)
3) 八犬伝(細)・密集 テープ幅15mm ¥388(税込)
4) 武士と印刷 ・武士 テープ幅30mm ¥648(税込)
5) 雪華図説(太)・和柄 テープ幅30mm ¥648(税込)

161209_02

4)の武士は忠臣蔵がモチーフになっております。
赤穂浪士の討ち入りの日である本日ご紹介するにぴったりのアイテムなのでした。

活版ミュージアムグッズ

2016年11月02日(水) by koubou

10月より、ミュージアムショップに新しいグッズが登場しています。

印刷工房オリジナルの活版印刷カードやコースター、インストラクターが1枚ずつ印刷しています。

ショップカウンター奥、ガラスケースの中には活字組版を展示中。

happy_02

02_01

二つ折りのミニバースデーカード、書体はAlbertus。

フルーツと花のかわいらしい絵柄も活字です。

thanks_02

03_01

13の国の言葉でハート型に「ありがとう」を組んだカード。

きれいなハートに見えるよう、サイズや鋳造元の異なる活字同士、細かな調整をしています。

california_02

04_02

欧文活字のケースを活字で組版したポストカード。

California job case とは、大文字小文字・数字・記号・スペース用の込め物などを1つに納めた、端物組版に適したケースです。

罫線を組み合わせてケースの仕切りを表現、活字と罫線を合わせてぴったりに組むのは職人技です。

ornament_03 01_01

花形装飾活字によるコースター。角度や色による組み合わせで様々な模様が生まれます。

円形の紙全面に模様を2色刷り、紙の位置合わせとどうやって紙を押さえるかが重要なポイントです。

 

ミュージアムショップにて、組版とともにぜひ実物を手に取ってご覧ください!

 

 

「武士と印刷」展、始まります!

2016年10月21日(金) by チーズ

いよいよ明日から「武士と印刷」展が始まります。
本展示室における久々の企画展で、スタッフも少し緊張気味です。

そして明日は、NHKの大河ドラマの時代考証でもおなじみの
歴史学者でいらっしゃる小和田哲男先生の講演会もあります。
タイトルは「戦国三大文化と家康」です。

企画展で展示する徳川家康が作らせた活字「伏見版木活字」「駿河版銅活字」
の話が聞けることと思います。
資料をご覧いただくのと合わせて、小和田先生のご講演をお聞きいただくと、
より理解が深まることと思います。まだ若干、残席があります。
ご興味ある方は、ぜひお申し込みください。

本日20時までなら、こちらからお申し込みができます。
当日申し込みの場合は、10月22日の10時以降、
印刷博物館の代表番号(03-5840-2300)にお電話ください。

会期中、第一部の武者絵の入れ替えを5回行います。
それに伴い、入場チケットも絵柄が変えます。

bushi ticket

2週間おきに変わる予定です。
どのチケットになるか、お楽しみに!

「武士と印刷」開催一週間前

2016年10月15日(土) by arch

twitterやFacebookを始めたら、
すっかりblogがおろそかになってしまいました・・・

前回の投稿は夏休み体験教室でしたね。。。
ということで、夏も終わり季節はすっかり秋。

企画展「武士と印刷」展もあと一週間ではじまります。
現在、会場設営の真っ只中。

入口に大きなバナーを設置しました

入口に大きなバナーを設置しました

会場入口には黒い壁が立ちました

会場入口には黒い壁が立ちました

全国からお借りした資料たち

全国からお借りした資料たち

ケースに展示をしてきます

ケースに展示をしてきます

資料点数も多いため、完成までにはまだまだ時間がかかりそうです。
日々の変化を更新していきますので、どうぞお楽しみに!

カレンダー

2017年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

Copyright 2017 © Printing Museum, Tokyo. All rights reserved.