印刷博物館ブログ – いんぱく通信


2013年、三連休の初日。

いつもにもまして、多くのお客さまにご来館いただきました!

天気が良かったからか、企画展の会期終了が近づいているためか、
JR御茶ノ水駅主催の「駅からハイキング」のコースに設定されているからか、
・・・とさまざまな要因がありそうですが、ご来館いただきましたみなさま、
本当にありがとうございます。

多くの人がいらっしゃったといえば、昨日開催したトークショー。
「2012年造本装幀コンクール受賞者「受賞作」を語る」と題し、
加藤勝也氏、寄藤文平氏、松田行正氏の三名にそれぞれお話しいただきました。

まずは御三方が、それぞれ受賞作について語り、
その後、それぞれの作品を批評をしながら、進行していくスタイル。

それぞれの方の発表も、装丁同様に説明するポイントや流れが違い、
一冊の本が生まれるまでの背景に潜んでいる膨大なアイディアや作業などを、
よく知ることができました。

その後はフリートーク、受賞作を自分で点数つけるとしたら?という質問に始まり、
受賞作以外の仕事、ブックデザインとWEBや電子書籍の違い、今後やってみたいことなど、
合計2時間半にわたってお話しいただきました。

今回、お話しいただいた受賞作も展示している
世界のブックデザイン2011-12」展は、来月2月24日(日)まで開催。
みなさまのお越しをお待ちしております。

Comments are closed.

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

Copyright 2013 © Printing Museum, Tokyo. All rights reserved.