印刷博物館ブログ – いんぱく通信

うつくしぃ本 映画の話

2013年10月19日(土) by ^_^

渋谷のシアターイメージフォーラムで上映中の映画 「世界一美しい本をつくる男」がいいんです!

昨年「世界のブックデザイン展」で紹介した、シャネルのリトルブラックドレスの写真集を覚えている方もいらっしゃると思いますが、この本を製作したSteidl(シュタイデル)出版のドキュメント映画です。

Steidl は、これまでに何度も「ドイツの最も美しい本」コンクールで受賞している出版社で、出版社でありながら印刷部門もあり、自社から出す本はすべて自分のところで印刷しています。そして写真家や美術家などアーティストからの信望がとても厚い。

映画では、写真集の製作を軸に話が進められていて、オーナーであり編集者でありPDであり、デザイナーでありと、マルチな活躍をするSteidl氏の、本を生み出すことへの情熱がひしひしと伝わってきます。映画を見て感じることは人それぞれだと思いますが、単純に「すごい!」し「こんな風に仕事が出来て幸せなんだろうな~ いいな~」という気分になりました。

上映スケジュールなど詳しくはこちらから、渋谷以外でも全国で公開予定です。

ソウルではSteidlの展覧会を開催していたようです。その模様はこちらから

ちなみに 印刷博物館は日本での上映で、少しお手伝いしました。みなさんもお近くで上映の際は、ぜひぜひご覧ください!

Comments are closed.

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

Copyright 2013 © Printing Museum, Tokyo. All rights reserved.