印刷博物館ブログ – いんぱく通信

ライブラリーはお休み中ですが…

2014年11月26日(水) by まめまめ

こんにちは。

ライブラリーは土曜日まで展示替えのためお休みですが、ライブラリースタッフは今日も裏でコソコソお仕事をしています。

今日は一人で寂しさも一塩…でも、これも、より良いライブラリーとするべくの努力(?)です。

 

ところで、「今更だけどライブラリーって何してるんだ?どんなとこ?」という疑問もあるかと思いますので、すこ~し紹介させて頂ますと、貸出はもちろん、図書の受け入れ、装備etc…と、皆さまお馴染みの図書館サービスを提供しています。街の図書館と同じです(当館では館外貸し出しは行っておりませんので、閲覧室でご覧頂くことになりますが。)

街の図書館と違うのは、「印刷」に特化した専門図書館であること。

つまり、印刷とそれに関連した図書を集めています。マニアックな図書館です。ちなみに、こう言った専門図書館、実は色々あるんですよ。(それは追々??)

当館はそんな印刷についての資料を収集し、皆様に見て頂いているところですが、その中でも当館にとって大事な、そして利用者の皆様にとっては役に立つサーービスがあります。

「レファレンスサービス」です。

 

「レファレンスサービスって?なに?それ?カタカナで分からない…」というこのサービスですが、

図書館にとって、とても重要なお仕事になります。

簡単にいうと「調べもの、探しもの、お手伝いします」といったものです。

図書館に行くのに、「こんなことが知りたいな」「これについて書かれた本が読みたいな」と思ったことがきっかけだったことがありませんか?
実は「こんなことが知りたいんだけど…」と、図書館員のスタッフに聞くと、図書館員が調べるのをサポートしてくれるサービスがあります。

これがレファレンスサービスです。このサービスを印刷博物館ライブラリーでも、も ち ろ ん 行っています。

印刷博物館ならでは、と言うと「グーテンベルクってどんな人?」とか「駿河版銅活字について書いてある本が読みたい」と言うような、展示を見て気になったことをより深く調べたい、といった内容から、印刷関係のお仕事に就かれている人に参考文献を出す…というようなところまで、幅広く対応します(?)。なんだかしっかりした事を聞かなきゃいけない、というものではないんですよ。「活字って何?」でも大丈夫です。

もちろん、もう直ぐ開催されるブックデザイン関連の図書も揃えているので、ギャラリー見学の後、少しお立ち寄り頂ければと思います。ギャラリーにも開架としてお出ししますが、出し切れない分は書庫の中で読まれるのを待っていますので、お気軽にカウンターの人間にお声掛け下さい。

こうして開館時からさまざまなレファレンスを受けていますが、今まで受けた沢山のレファレンス事例の中には、面白いもの、ためになるもの、明日使える豆知識系など、様々バラエティに富んでいて、楽しいものが多いのですが、その内のごくごくご~く一部を前にもご紹介しました「レファレンス協同データベース」で公開しています。

明日使える豆知識!に一度ご覧になって見てください
・レファレンス協同データベース:http://crd.ndl.go.jp/reference/

印刷博物館で検索をかけると、当館の事例が出てきます。(ここからもどうぞ

http://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdsearch/index.php?page=detail_list&type=reference&dtltbs=1&mcmd=25&st=update&asc=desc&tt_lk=1&tcd_lk=1&tt=4310008&tcd=4310008

この中から、次回の更新に繋げていけたらな…と目論見中です。

Comments are closed.

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

Copyright 2014 © Printing Museum, Tokyo. All rights reserved.