印刷博物館ブログ – いんぱく通信

National Print Museum

2017年10月08日(日) by koubou

先日、アイルランドの印刷博物館「National Print Museum」を訪れる機会がありました。
首都ダブリンの中心地からは少し離れていますが、川沿いを港方面にしばらく歩くと到着です。

建物は2階建て。1階には活版印刷をメインにたくさんの機械が展示されています。

罫引き印刷の機械や各種鋳植機。当館でも展示しているコロンビアン印刷機、アルビオン印刷機にアダナ印刷機。
その他にも、紙を加工する機械や製本の機械など、初めて目にするものが多数展示されていました。
タイミングが悪くデモンストレーションなしの期間ということで残念だったのですが、普段は見学ツアーに参加すると、実際に機械が動くところを見ることができます。
機械を動かすことができるのは70~80代の職人さんが主だそうで、代わりに映像を見せていただきました。

展示品の中でもとりわけ興味深かったのが、1916年4月の「共和国樹立宣言書」。当時はかなりの数が印刷されたそうですが現存するものは多くなく、そのうちの一枚が展示されていました。
画像と訳が以下のサイトに詳しく掲載されています。
https://www.dfa.ie/irish-embassy/japan/news-and-events/2016/the-1916-proclamation-in-japanese/

印刷物から読み取れることとして、
・活字の数が足りず、上下2回に分けて刷っていることがインキの濃淡からわかる。
・最も良く使われる「e」がやはり足りず、文章の中ほどには違う書体が混ざっている。
・見出し部分の「IRISH REPUBLIC」の「R」は、「P」を蠟で補い加工したもの。同じく「C」は、「O」を削ったもの?「TO THE ~」の「E」は、「F」を蠟で加工したもの。
などの解説文に、当時の状況を想像し思わず見入ってしまいました。また、この宣言書を印刷したものと同種の印刷機も合わせて展示されていました。

2階では企画展を開催、植物に囲まれたカフェも併設されており、こじんまりと落ち着く空間です。見学ツアーの他に、活版印刷や版画など事前予約制のワークショップも月に数回開催されています。日本からは少し遠いですが、アイルランドに行かれた際はぜひ訪れていただければと思います。

https://www.nationalprintmuseum.ie/

https://www.nationalprintmuseum.ie/intro/ ←映像も見ることができます。

Comments are closed.

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

Copyright 2017 © Printing Museum, Tokyo. All rights reserved.