印刷博物館ブログ – いんぱく通信

「美女と野獣」実写版、目に留まったのは

2017年04月25日(火) by Q太郎

ミュージカル好きとしては、今季必見・必聴の映画、早速 吹替版を観てまいりました。

CG含め、映像がすばらしいとか、吹替版のメンバーがミュージカル界的に超豪華!だとか、アニメにはなかった生い立ちの話とか、感激は一言では言い表せないのですが

印刷博物館スタッフとしておっと思ったのは、野獣がベルに見せてくれた秘密の本。

鋲付きの本でしたね。古い本の装幀ってかっこいい!とうっとりしてしまいます。

 

今のように気軽に手にすることができなかった時代、書物は財産でした。

そして今と違い、中身の本文だけで売られていて買い求めた人が自分の好みの装幀をしていたそうです。

お金持ちは豪華で贅沢な装飾たっぷりに、そうでない人は簡素な装幀、ときには本文そのままの場合もありました。

また、こうした図書が別の人の手に渡ったときに、再製本されることも往々にしてあります。何度も売り買いされ製本しなおされるときにページの余白をカットしていくので、本はだんだん小さくなってしまいます。そんなところからもこれらの本がしてきた旅に思いを馳せることができそうです。

盗まれないように、鎖で留められている書物もありました。こうした大きくて重い本は本棚に縦に並べられるのではなく、書見台に置かれていました。鋲付き本の鋲には、このような本のページが開いてしまうのを押さえる役目がありました。

印刷博物館ではこんな古い本も展示しています。

左上に鋲付き、その横に鎖付きの本

 

 

さて館内に展示している珍しい本には世界で一番小さい本・マイクロブックもあります。

なんと0.75ミリ角、ゴマ粒より小さいけれどちゃんと印刷・製本された本です。

展示室内で製造工程を紹介していますが、映像はYou Tubeでもご覧いただけます。

https://youtu.be/rDpkfNSN0xs

ご来館の際にはぜひ実物を見てみてくださいね。ルーペを使えば読めますよ。

Comments are closed.

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

Copyright 2017 © Printing Museum, Tokyo. All rights reserved.