印刷博物館ブログ – いんぱく通信

めざましテレビに取り上げられました。

2016年06月15日(水) by arch

事後のご報告となってしまいましたが、
6月13日(月)、めざましテレビに当館マイクロブックが取り上げられました。

micro_01

「ココ調」というコーナーで、知られざる日本の世界一という内容です。
「記録の一般認知度0%」だったのは複雑な気分でした・・・
これを機に知名度が上がりますように!

撮影にあたり演技指導を受けるチーズ学芸員

撮影にあたり演技指導を受けるチーズ学芸員

ミュージアムショップにて販売中ですが、在庫も残りわずかです。
再版の予定はありませんので、お求め希望の方はお早めに!

グラフィックトライアル2016

2016年06月12日(日) by arch

印刷博物館 P&Pギャラリーにてグラフィックトライアル2016がはじまりました。

今年はレセプションをオープニングに合わせて行わなかったため、
ひっそりと始まりました。

エントランス

エントランス

IMG_1418

IMG_1419

IMG_1422

各クリエイターのトライアルの様子をお楽しみください。
みなさまのお越しをお待ちしております。

歴史のスター展

2016年06月08日(水) by arch

「印刷博物館コレクション 歴史のスター展」が始まりました。

印刷博物館が所蔵する日本の歴史上の人物を描いた錦絵や引札、双六24点を
展示紹介しています。

江戸・明治時代の人々が、今日の私たちに負けず劣らず
歴史好きであった一面をぜひご覧ください。

壁面には三枚続の錦絵

壁面には三枚続の錦絵

ケースには一枚ものを展示

ケースには一枚ものを展示

引札も展示

引札も展示

今年も撮影コーナーがあります

今年も撮影コーナーがあります

展示作業中

2016年06月06日(月) by arch

明日6月4日(火)から10月7日(金)まで
「印刷博物館コレクション 歴史のスター展」を開催します。
B1F 総合展の一角で行うミニ展示です。

今日は休館日を利用して、展示作業を行いました。

展示ケースの位置を調整中

展示ケースの位置を調整中

資料を並べます

資料を並べます

位置を再確認

位置を再確認

何度か写真の作業を繰り返し、ようやく完成。

どんな展示になったのかお楽しみに!

夏休みにむけて

2016年06月02日(木) by 機器好き

少しずつ、暑い日が増えてきました。
日差しも徐々に夏に近づいてきていますね。
印刷博物館も夏の準備を始めています。

昨日は総合展の片すみで開催する小さな企画展の準備作業をしました。
何の準備かというと、額装作業。
額装作業

今回の展示の中で、私の一番のお気に入りは
月岡芳年の「大日本史略図会 第九十四代後醍醐天皇」。
側近万里小路藤房に寄り添われ峠を越える後醍醐天皇が描かれています。
笠置山の戦いでは風雨の中の敗走であったと伝えられているようですが、
後醍醐天皇のその後をも暗示する強風を、
薄い白の版で表現しています。

芳年「後醍醐天皇」
写真ではわかりにくいですが、巧いなぁ。
ぜひ、実物を見に来てください。

6月

2016年06月01日(水) by arch

「見せ方の進化」展終了後、P&Pギャラリーでは6月11日(土)より
グラフィックトライアル2016」が控えています。

と同時に地下の総合展フロアでも、
ミニ展示の企画が進んでいます。

これはいったい何のデザインでしょうか?

これはいったい何のデザインでしょうか?

続報をどうぞお楽しみに。

【終了間際】見せ方の進化展

2016年05月31日(火) by arch

3月から開催してきた「見せ方の進化―仮想現実の世界まで」展も
いよいよ会期が今週末までとなりました。

VRの世界に入り込むみなさま

VRの世界に入り込む来場者の方々

外からは何をしているのかわかりませんが、
スコープをのぞいていただけると、
中ではさまざまなコンテンツを用意してあります。

みなさまのお越しをしております。

「村上春樹とイラストレーター」

2016年05月28日(土) by arch

ちひろ美術館(東京)にて開催中の
村上春樹とイラストレーター」展に行ってきました。

『風の歌を聴け』の原画をあしらったチラシ

『風の歌を聴け』の原画をあしらったチラシ

住宅地の中にひっそりとあります

住宅地の中にひっそりとあります

原画とともに書籍もおかれているので、
違いを見比べてみてもいいかもしれません。

GW

2016年04月30日(土) by arch

GWが始まりましたね。
印刷博物館は休館日の月曜日(5月2日(月))を除き、開館しています。
お天気にも恵まれそうですし、
みなさまのお越しをお待ちしています。

さて、この連休を利用して、はとバスのツアーがやってきました。
これまで何度も立ち寄っていただいていますが、
今回は「広重の浮世絵、傑作「名所江戸百景」の謎を追う(陽春の華と江戸の味編)」という
少し変わった企画でのご来訪。

黄色い車体が目をひきます

黄色い車体が目をひきます

「江戸に詳しすぎるタレント=お江戸ル」こと堀口 茉純(ほりぐち ますみ)さんが、
歌川広重の代表作である名所絵「名所江戸百景」を読み解きながら、
舞台となった場所をめぐるという内容。

当館では堀口さんの講演と錦絵工房を中心にご覧いただきました。

当日は実演は行っていませんが・・・

当日は実演は行っていませんので、写真はイメージです・・・

今回のツアーは既に終了してしまいましたが、
続きの企画も開催するかもしれません。
今回見逃した方も次回はぜひ!

国芳展

2016年04月22日(金) by arch

GWも間近、お出かけにいい季節になってきました。

ここのところ、歌川国芳の展示があちこちで開催されていますね。

先日、終わってしまいましたが、
練馬区立美術館の
国芳イズム―歌川国芳とその系脈 武蔵野の洋画家 悳俊彦コレクション」(4/10 (日)
終了)

IMG_1247

そしてBunkamura ザ・ミュージアムでは、
ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞」を開催中。

エントランスにも3枚続きのバナー

エントランスに横長のバナー

当館収蔵品にも国芳の刷り物があります。
現在、展示はしていませんが、下記サイトに画像と解説が載ってますので、
国芳に興味を持たれた方は、ぜひ見てみてださい。

benkei
国芳雑画集

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

Copyright 2016 © Printing Museum, Tokyo. All rights reserved.