印刷博物館ブログ – いんぱく通信

粉石鹸

2012年08月13日(月) by パーやん

印刷の家利用者が必ず驚くものがあります。

手についた油性インキを洗い流すのに使う特別な「粉石鹸」。
作業後に手を洗う洗面台にあります。

なぜみんなビックリするのか?
粉石鹸といえば、洗濯機でつかうものと思いこんでるからでしょう(おそらく)。

印刷の家だけでなく、町の印刷工場なんかでもよく粉石鹸を使ってます。

インキや油がよく落ちるんです。

カラー印刷は「点」が命

2012年08月11日(土) by パーやん

今年の夏休み体験教室、金、土、日曜日は「カラフルなかき氷をつくろう」です。

赤、青、黄のインキを重ねるだけでカラフルなかき氷カードの出来上がり。

3色だけでいろいろな色で印刷できることに、参加したお子さんはもちろん、保護者の皆さんもびっくりされます。

3色印刷のポイントはアミ点とよばれる細かい点で版ができているところ。

ルーペ(虫メガネ)を使って、じっくりアミ点の世界をのぞいてみてください。

2種類のルーペでじっくり観察

ちゃんとみえるかな?


連日、にぎわっている夏休み体験教室。
今日は、いつもとちょっと違うお客さまが・・・

東京ケーブルネットワークの番組
「たば☆さとGO!」 からリポーターのたばちゃんが、
取材に来てくれました。
ちょうど参加をしていたお子さん達に混ざって、
マイノートづくりを体験。

■放映予定日 
8月20日(月)、21日(火) 
①11:00~、②14:00~、③17:00~、④22:00~

荒川区・文京区・千代田区の地デジ11chで、ご覧いただけまるようです。
その他の地域の方も、放映後Youtubeで見ることができるそうなので、
ぜひご覧ください!

詳しくはこちらから


さて、マイノート解説も最終回!

■とじ
材料が揃ったところで、次は材料を金具でとめていきます。

ちなみに「中とじ」を英語では”saddle stiching”というそうです。
こう見ると、確かに馬の鞍(saddle)を留めているように見えますね。

■断裁
最後は、とじた箇所以外の三方を断裁します。

完成です!
今回は、1折り32ページ×2=64ページとして行いましたが、
これを3折り、4折り・・・と増やせば、ページ数も増やせます。

また、製本の方法も中とじだけではなく、
さまざまな方法があります。

印刷博物館のライブラリーにも、関連する書籍がありますので、
自由研究のテーマで「本のつくりかた」について調べたい!
という方がいらっしゃいましたら、ぜひお立ち寄りください~

詳しくはこちらから

マイノート盛況です

2012年08月08日(水) by パーやん

本日の「マイノートをつくろう」、大入りでした!

あまりにも参加者が多いのでスタッフ総出で、ノートづくりのお手伝い。

パーやんも頭をからっぽにして、朝からノートを作りつづけてました。

それにしても、がむしゃらに打ち込めるっていいなー。

心地よい疲労感です。

大型ホチキスでノートを綴じます。作業に打ち込む女の子

ギャラリートーク開催しました!

2012年08月08日(水) by arch

グラフィックトライアル2012の関連イベントとして、
ギャラリートークを開催しました。

作品を展示しているギャラリーを会場として行い、
三星安澄氏、野老朝雄氏(TOKOLO.com)、
鈴野浩一氏(トラフ建築設計事務所)の3名によるトークイベントです。

ギャラリーを会場にしているので、
作品やトライアルの過程をみながら、
その場で言葉が積み重なっていきます。
ライブ感あふれる場となりました。

お話しの中で、「このモアレで起こっている現象は、
この場所で見ないと理解できない。写真や印刷物では
伝わらない」というお話しが出ました。
まさにその通りだなと思います。

残り会期もわずかですが、
この展示でしか見ることができないものがありますので、
まだご覧になっていない方はぜひご来館ください。

8月26日(日)まで開催しています。

はとバスがやってきた!

2012年08月07日(火) by パーやん

昨年につづき、今年もはとバスツアーの皆さんが立ち寄ってくれてます。

今日が初日。

博物館見学のあと、マイノートをつくってもらい、さらにはとバスツアー様特製しおりも印刷できます。
お土産いっぱい。

スカイツリーだけが、東京観光じゃありませんから!

東京湾クルーズもついたお得なツアー。
ぜひご参加ください。

知ってなるほど! 夏休みおもしろ体験隊

今年もやってきた!

いらっしゃいませ

お気に入りの研究書

2012年08月06日(月) by パーやん

Rome Rebornという本、面白いです!

15-16世紀のヨーロッパに関心のあるパーやん、イチオシの研究書です。

ルネサンス期にローマが、どのように生まれ変わったのかについて書かれています。

これだけじゃどんな本かわからないので、各章のタイトルを。

1章:ヴァチカンとヴァチカン図書館
2章:教皇と人文主義
3章:古代都市の修復
4章:古代科学の復権
5章:ルネサンス世界の生命科学と医学
6章:音楽とルネサンス教皇
7章:東方正教会と西ヨーロッパの学問
8章:ヴァチカン貴重庫で出会う東アジア

ヴァチカン所蔵の写本や初期刊本をもとに、当代一流の学者が丁寧に解説してくれます。

ローマ古地図をいかしたカバーが好きです

調査から出版まで、ヴァチカン図書館が全面協力

一筆箋をつくろう

2012年08月05日(日) by onsen

「印刷の家」での活版印刷体験は、夏休み体験教室だけではありません。毎週木曜~日曜・祝日開催の「つくる」コースでは、名前入りオリジナル一筆箋をつくることができます。

ずらりと並んだ和文活字のケースから活字を拾い集め、版を組み、印刷するところまで体験していただきます。一筆箋シーズンは、9月2日(日)まで! 9月6日(木)からはアルファベットの活字を使ったオリジナルコースターをつくります。季節ごとに違った体験ができるところも「つくる」コースの魅力の一つ。

一筆箋づくりでは、色々な絵柄や罫線が印刷された用紙の左下に、お名前など7文字分、好きな活字を使って印刷をしていだだきます。

絵柄や罫線は工房オリジナル。もちろん全て活版印刷でつくっています。体験では、全12種類の中から好きな用紙7枚をお選びいただけます。

残り一ヶ月を切りましたが、方眼紙が不足していたので、今日は刷り足しをしました。

方眼紙も、このように罫線を組み合わせて版をつくります。

インキを練り合わせて色をつくり、アダナ印刷機のインキ盤につけます。紙をセットして、いざ印刷!

ローラーを上下に動かして、インキ盤から版にインキをつけた後、しっかりプレス!

方眼紙の印刷は、印圧の調整がポイントです。ローラーに対して縦の罫線は、ローラーが滑ってしまいインキがつきにくく、擦れてしまうことがあるからです。一枚一枚、確認しながら印刷しています。

また、方眼紙以外の罫線や絵柄も、このようにストックしてあります。

手前は樹脂版(=プラスチックでできた絵柄のハンコ)で、奥が罫線です。ちなみに、右下のクマさんは、樹脂版ではなく活字です。実は、絵の活字もあるんです。

一筆箋のつくりかた、理解していただけましたか? 体験の際には、先刷りしてある罫線や絵柄の印刷の表情にも注目してみてください。今月は夏休み体験教室『カラフルなかき氷をつくろう』とあわせて、ぜひ「つくる」コースにもご参加ください。お待ちしています!

フェルメール光の王国

2012年08月04日(土) by パーやん

東京・銀座で「フェルメール光の王国」展がやっています。

大人気のフェルメール。全37作品が銀座でみれる?
とびっくりして、駆け付けたら、すべて精巧な複製品でした。

複製=印刷物、といってあなどってはいけません。
オリジナル5点をすでにみているパーやんですが、ホンモノそっくりな印刷物に大満足です。

ホンモノとはちがう、印刷物ならではの愉しみ方、ぜひ満喫してください。

8月26日(日)まで。
フェルメール・センター・銀座

全37作品を制作年代順にみられます

作品の舞台「フェルメールのアトリエ」。自分もモデルになれます。

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

Copyright 2012 © Printing Museum, Tokyo. All rights reserved.