印刷博物館ブログ – いんぱく通信

満員御礼

2015年07月11日(土) by パーやん

午前中の私の呼びかけに応えてくださったのか 笑、数多くのお客様にご来館いただきました。
(今期最高入場者数でした!)

ありがとうございました。

明日が最終日。

まだの方はぜひ!

150711_162957

150711_163121

150711_163134

ヴァチカン教皇庁図書館展II_明日で終了

2015年07月11日(土) by パーやん

東京は梅雨が明けたかのような暑さです。

こんな日は海やプールに行きたくなりますねー

でも展示室は涼しくて快適です。
涼みにきてください(有料ですが)。

そういえば展覧会もあと2日。

ぜひ!

150711_084246

あと2日間でこの風景ともお別れです

もうすぐこの風景ともお別れか。。。

あと3日!

2015年07月10日(金) by arch

4月から開催してきた「ヴァチカン教皇庁図書館展Ⅱ 書物がひらくルネサンス」も、
いよいよあと3日!で会期を終えます。

数々のイベントを開催したような気もしますが、
過ぎてしまえば、本当にあっという間でした。。。

vaticana_002

まだ、ご覧になっていない方はぜひお見逃しなく!

6次元にてトークイベント

2015年07月08日(水) by arch

6月30日(火)荻窪にあるカフェ6次元にて、
トークショーを開催してもらいました。

現在、開催中の企画展
ヴァチカン教皇庁図書館展Ⅱ」に関してお話しするということで、
お招きいただきました。

館内でお話しする機会はたくさんありますが、
あまり外部のイベントに登壇することのない当館スタッフ。
会場に着くまでは、不安でいっぱいでした・・・

DSC08507

はじまってみれば、そんな心配はどこへやら。
2時間の持ち時間をフルに使って、盛会の内に終えることができました。

会場の雰囲気のおかげか、人口密度が高いからか、
はたまた担当学芸員のトークの力か、
質問もたくさん頂くことができました。

当日、参加された方には、招待券をプレゼント。
後日のご来館をお待ちしています!


ヴァチカン展関連イベントの一つ、
「アルド・マヌーツィオの魅力」と題したトークショーを開催しました。

早稲田大学教育・総合科学学術院 教授の雪嶋宏一氏と
グラフィックデザイナー 白井敬尚氏、
どちらも今回の企画展開催に際し、
多大なご協力をいただいたお二人です。

DSC08489

ルネサンス期の学匠印刷家であるアルド・マヌーツィオを、
学者、デザイナーとそれぞれの立場からお話いただきました。

DSC08475

会場はびっしりと満員。
お二人の話を聞くことで、展示をよりご理解いただく機会となったのではないでしょうか。

残すイベントは、7月11日(土)開催の
印刷博物館学芸員 中西による講演会のみです。

既に申し込みは締め切ってしまいましたが、
参加される方はお楽しみに!

大人のための活版WS2015

2015年06月26日(金) by koubou

2015年度の大人のための活版ワークショップ、
第一弾を先週先々週、開催しました。
和綴じ本『夏のうた』と題し、12名の皆さんにご参加いただきました。

P1010843

今回は、伝統的な和歌集から夏のうたを抜粋、
まずは原稿通りに活字を集めます。

P1010846

本文には12ポイント、出典部分は8ポイントの活字を使用。
短めのうたなので、見栄えをよくするため字間を少しずつ空けていきます。

P1010848

画数が多く小さいサイズの活字は、
インキがたまってきれいに印刷できないことも。
一枚ずつ確認しながら丁寧に印刷していきます。

ここまでが第一週目の内容。
一週間後、印刷した用紙の和綴じ製本を行いました。

P1010856

本文用紙を二つ折りにし、全頁揃えて固定。

目打ちの上からかしわ棒で叩いて穴を開けます。

穴が開いたらこよりを通し中身を固定。
補強と飾りを兼ねて端に角布をつけていきます。

P1010858

表紙をつけて再び目打ちで穴を開け、針と糸でかがります。
今回は麻の葉綴じに挑戦。1つの穴に最多で4回も針を通すので、
最後の方は手が痛くなってきます。穴が小さいと針が折れてしまうことも!
綴じ方は、パターンを覚えればあとは繰り返し。
もくもくと地味な作業ですが、慣れてくるとなかなか楽しいです。

P1010852

 

表紙に題箋を貼り、完成!

次回の大人のための活版ワークショップは、
「なつやすみ活版歴史教室」8月末に開催予定です。
たくさんの方のご応募お待ちしております!

製本デモンストレーション開催!

2015年06月25日(木) by arch

先週末に開催した製本デモンストレーション。
こちらの予想を大きく上回る方にお越しいただきました。

IMG_0777 

会場の都合で、人数制限あり+わずかな時間で交代していただく等、
じっくりとご覧いただく環境ではなかった方もしれません。

今回の反省を次回に活かしていきたいと思います。
ご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました!

20日(土) 製本デモンストレーション開催

2015年06月17日(水) by arch

今週末に「ヴァチカン教皇庁図書館展Ⅱ」関連イベントとして開催する
製本デモンストレーション。
frgm

 Les fragments de M (レ・フラグマン・ドゥ・エム)※
 2015年6月20日(土) 13:00~、15:00~、17:00~

「レ・フラグマン・ドゥ・エム」(frgm フラグム) は三人の製本家と一人の箔押し師によるユニットです。

西洋式製本の要となる部分の実演や、工程見本をご覧いただけます。

また、当日は実演をご覧いただくだけではなく、
一日限定で、フラグムさん製作の商品をミュージアムショップで販売します。

文鎮
IMG_0065
大 2,808円、中 2,376 円、小 1,836円(税込)

フラグム・オリジナルノート
IMG_0066
大 1,728円、小1,296円 (税込)

イベントに加えて、こちらの商品もお楽しみに。


ヴァチカン教皇庁図書館展Ⅱの関連イベントとして
6月27日(土)に開催する対談企画「アルド・マヌーツィオの魅力」の
下打ち合わせを行いました。

IMG_0754

雪嶋先生、白井先生にお話いただく内容など整理を行いました。
脇で聞いているだけでしたが、中々面白い内容になりそうですよ。
目下の課題は、時間内にどうやって納めるかでしょうか・・・

既に定員になってしまいましたが、ご参加予定のみなさまは当日お楽しみに!

————————————————————————
2015年6月27日(土)14:00-16:00
対談企画「アルド・マヌーツィオの魅力」 
 雪嶋宏一(早稲田大学教育・総合科学学術院 教授)
 白井敬尚(グラフィックデザイナー 白井敬尚形成事務所主宰)

→定員に達したため申し込み受付は終了いたしました
————————————————————————

「カリグラフィの世界」開催

2015年06月06日(土) by arch

6月がはじまりました。
6月は「ヴァチカン教皇庁図書館展Ⅱ」の関連イベント月間ということで、
週末ごとに色々イベントを開催します。

第1週は「カリグラフィの世界」と題し、
日本を代表するカリグラファーの小田原真喜子先生にご登壇いただき、
トークショーを開催しました。

IMG_0752

印刷博物館で開催するイベントは、講演会形式が多いですが、
今回は、実際にペンを使って、アンシャル体を書いてみるという
体験も行っていただきました。

文字の形が、筆の運びによって形作られていることが、
体験いただけたものと思います。

次回関連イベントは、
6月20日(土)開催の製本デモンストレーションです。
「中世から引き継がれる伝統 ヨーロッパの美しき製本」と題し、
製本ユニットLes fragments de M (レ・フラグマン・ドゥ・エム)さんに
展示室内で実演を行ってもらいます。

事前申込不要ですので、ぜひ当日お越しください。

———————————————————————
開催概要
 2015年6月20日(土) 13:00~、15:00~、17:00~
 製本デモンストレーション
 「中世から引き継がれる伝統 ヨーロッパの美しき製本」

 参加費:無料(別途、企画展入場料が必要です)
 会場:印刷博物館 プロローグ展示ゾーン奥
 参加方法:事前申込不要 直接会場にお越しください

詳細は企画展特設ページの「イベント」→「関連イベント」をご覧ください
※閲覧にはFlash player が必要です

———————————————————–

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

Copyright 2015 © Printing Museum, Tokyo. All rights reserved.