印刷博物館 printing museum, Tokyo
ENGLISH


| 印刷博物館へようこそ | ご利用案内 | 施設案内 | 展示案内 | コレクション |  印刷博物館より |


HOME > 展示案内 > P&Pギャラリー > ブルガリアで生まれた―「キリル文字をポスターに」展


展示案内









【P&Pギャラリー】

ブルガリアで生まれた―「キリル文字をポスターに」展






20カ国30名が
ひとり1文字を
テーマにデザイン

欧州で代表的なアルファベットの一つ、キリル文字はブルガリアで誕生しました。2007年ソフィアで開催された第5回「ステージポスター国際トリエンナーレ」は、キリル文字をテーマに20カ国30名のデザイナーに制作を依頼しました。その展覧会はパリ、ニューヨークから始まり、日本・ブルガリア国交再開50周年にあたる2009年に、東京でも開催されることになりました。世界のデザイナーが、与えられた一文字をテーマに個性溢れるタイポグラフィックな表現を試みています。

会 期 2009年1月29日(木)〜2009年2月22日(日)
休館日 毎週月曜日
開館時間 10:00〜18:00
入場料 無 料
※印刷博物館本展示場にご入場の際は入場料が必要です




講演会

2月22日(日) 14:00〜
「キリル文字の歴史とブルガリア」
佐藤純一(東京大学 名誉教授)

詳細はこちら>>
ブルガリアで生まれた―「キリル文字をポスターに」展

■主催
凸版印刷株式会社 印刷博物館

■企画
ステージポスター国際トリエンナーレ実行委員会 

■協力
駐日ブルガリア共和国大使館
ブルガリア共和国文化省・外務省

■後援
社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)









サイトマップ | プライバシーポリシー | お問い合わせ | このサイトについて