印刷博物館 printing museum, Tokyo
ENGLISH


| 印刷博物館へようこそ | ご利用案内 | 施設案内 | 展示案内 | コレクション |  印刷博物館より |


HOME > 展示案内 > 企画展示 > ブックデザインの源流を探して チェコにみる装丁デザイン


展示案内









【企画展示】

ブックデザインの源流を探して

チェコにみる装丁デザイン





ヨーロッパの伝統で、装丁といえば自家装丁(*1)のことを指し、装丁デザインとは、単なる装飾を意味していた時代に、「本の装丁とは、単なる装飾ではなく、本の内容が考慮された美的なものでなければならない」と公言したのはヨゼフ・チャペックでした。
 リノカット(*2)を用いた、ヨゼフによる暖かみのある表紙デザインの書籍は、出版が大衆化してきた時代にあって、多くの人々の歓迎を受けました。
 また、批評家でもあったデザイナー、カレル・タイゲは、「本の扉は宣伝用ポスターでなければならない」と宣言し、本という新しいデザインのフィールドで、他のデザイナーや芸術家たちとともにチェコ・アヴァンギャルドを牽引していきました。

*1 自家装丁
仮綴じ本を入手した人が職人などに依頼し、装飾や保護のためにハードカバーに本製本すること。現代では出版社装丁が一般的。仮綴じ本とは、折丁をまとめて簡単な紙の表紙を付けただけの本。
*2 リノカット
リノリウムを版材に用いる版画。制作方法は、板目木版とほぼ同様に扱われる。

会 期 2003年7月26日(土)〜2003年9月28日(日)
休館日 毎週月曜日
開館時間 10:00-18:00(入場は17:00まで)
入場料 大人800(750)円、高校生500(450)円、小中学生200(150)円
※( )内は20名以上の団体料金
ブックデザインの源流を探して

■主催
印刷博物館

■後援
チェコ大使館
日本チェコ協会

■企画協力
I.D.F.Inc.

■協力
大阪市立近代美術館建設準備室
プラハ市民会館
カトーレック株式会社









サイトマップ | プライバシーポリシー | お問い合わせ | このサイトについて