印刷博物館 printing museum, Tokyo
ENGLISH


| 印刷博物館へようこそ | ご利用案内 | 施設案内 | 展示案内 | コレクション |  印刷博物館より |


HOME > 展示案内 > 企画展示 > 空海からのおくりもの 高野山の書庫の扉をひらく


展示案内









【企画展示】

空海からのおくりもの

高野山の書庫の扉をひらく





東京で初公開!
高野山伝来の書物・版画・版木で出版の源流をたどる旅

高野山(和歌山県伊都郡高野町)にある寺院6個所から、このたび秘宝計79点(国宝2点、重要文化財31点含む)をお借りし、公開いたします。数点をのぞき、高野山をまさに「下山」するのは、今回がはじめての資料ばかりです。
高野山は広く知られる通り、弘法大師空海が九世紀初頭に、真言密教修行のために開きました。山内の寺院では日々の勤行や密教研究のために書物を必要としてきました。特に鎌倉時代以降盛んになった高野山での出版は高野版と呼ばれ、弘法大師空海招来の密教経典や教書を中心に、数多く世に送りだされてきました。
高野山のように出版黎明期からの文化財を体系的に所蔵するところは稀です。今回の展覧会が、日本人にとって書物とはなにかを考える貴重な機会になれば幸いです。

※6月7日(火)から作品の一部が入れ替わりますのでご注意ください。

会 期 2011年4月23日(土)〜2011年7月18日(月・祝)
休館日 毎週月曜日(ただし、7月18日は開館)
開館時間 10:00〜18:00(入場は17:30まで)
入場料 一般800円、学生500円、中高生300円、小学生以下無料
※20名以上の団体は各50円引き
※65歳以上の方は無料
※身体障害者手帳等お持ちの方とその付き添いの方は無料




講演会

第1回講演会
5月8日(日)15:00〜16:30
「空海からのおくりもの−『ん』の誕生秘話」
山口謠司(大東文化大学文学部中国学科准教授)
日本語成立に果たした空海の役割についてお話しします。


第2回講演会
6月19日(日)15:00〜16:30
「高野版とはなにか」
小秋元段(法政大学文学部教授)
鎌倉時代から盛んになる高野山での出版活動についてお話します。


4月1日より募集開始

詳細はこちら>>




イベント

高野版版木をつかった摺り実演
6月18日(土)
7月10日(日)
各日2回
 @14:00〜15:00
 A16:00〜17:00
高野山「経久」伝来の江戸期(推定)の版木を使った摺り実演をご覧いただけます。
無料(ただし入場料は必要です)


VR「両界大曼荼羅の宇宙」―いま、伝えたい!文化継承の意義
5月21日(土)16:30〜17:15
前田伸幸(凸版印刷 曼荼羅復元再生プロジェクトリーダー)
デジタル技術を使っていま甦る平安時代の「血曼荼羅」。担当者自ら文化継承事業の意義や経緯をお伝えします。
無料(ただし入場料は必要です)


ギャラリートーク「展覧会カタログをたのしもう」
5月28日(土)16:00〜17:00
7月18日(月)16:00〜17:00
展覧会カタログを使い、展示の魅力をお伝えします。カタログはお貸しします(書き込み不可)。
無料(ただし入場料は必要です)


『高野大師行状図画』に色を塗ってみよう
7月10日(日)16:00〜17:00
『高野大師行状図画』に色を塗って、オリジナルの塗絵をつくってみましょう。
有料(材料費300円および入場料が必要です)


4月1日より募集開始

詳細はこちら>>




「空海と密教美術」展

東京国立博物館(上野公園)で
7月20日から9月25日まで開催。
併せてご覧下さい。

奥深い密教の教えを理解するために重視された、絵画、彫刻などの造形作品。本展では、空海が中国から請来した絵画や仏像、法具のほか、空海の構想によって造られた東寺の講堂諸像、空海自筆の書など、空海所縁の作品を中心に、日本の密教美術の原点ともいえる名宝が結集します。出陳作品の98.9%以上を国宝・重要文化財が占めるというこれまでにないスケールにより、会場では空海の世界と仏像で形作られた“曼荼羅”を体感いただけます。

詳細はこちら>>
空海からのおくりもの

■主催
凸版印刷株式会社 印刷博物館

■後援
読売新聞社

■協力
高野山真言宗総本山金剛峯寺
財団法人高野山文化財保存会









サイトマップ | プライバシーポリシー | お問い合わせ | このサイトについて