印刷博物館 printing museum, Tokyo
ENGLISH


| 印刷博物館へようこそ | ご利用案内 | 施設案内 | 展示案内 | コレクション |  印刷博物館より |


HOME > 展示案内 > 企画展示 > 印刷都市東京と近代日本


展示案内









【企画展示】

印刷都市東京と近代日本






東京は日本で一番印刷業が盛んな都市です。いったいどのようにして印刷都市東京は誕生したのでしょうか。その答えの一つとして、東京の印刷は日本の近代化に大きく関わってきたということがいえるでしょう。

本展覧会では、近代日本の礎が築かれた1860〜1890年頃に焦点をあてます。この時代は幕末維新期で、政治・経済・社会・文化が激変し、30年という年月で、日本は幕藩体制から、東アジア初の近代的立憲国家へと変貌を遂げた時代にあたります。
同時にこの時代は、印刷にとっても伝統と革新が入り交じるたいへんな興亡期でした。これまで日本の印刷の主流であり続けた木版印刷に加えて、新興の活版印刷と石版印刷が 徐々に盛んになっていきます。東京という舞台の上で、日本と印刷の近代化は急速に進んでいきました。

本展覧会では、印刷博物館の収蔵品を中心に130点以上の資料を展示することで、近代日本をつくってきた東京の印刷について考えていきます。

会 期 2012年10月20日(土)〜2013年1月14日(月・祝)
休館日 毎週月曜日
(ただし12月24日(月・祝)、1月14日(月・祝)は開館。
 12月25日(火)、12月29日(土)〜1月3日(木)は閉館)
開館時間 10:00〜18:00(入場は17:30まで)
入場料 一般500円、学生300円、中高生200円、小学生以下無料
※20名以上の団体は各50円引き
※65歳以上の方は無料
※身体障害者手帳等お持ちの方とその付き添いの方は無料
※11月3日(土・祝)文化の日は入場無料




講演会

12月1日(土)
「明治の印刷表現 −版画を中心に−」
岩切 信一郎(新渡戸文化短期大学生活学科教授)

2013年1月13日(日)
「文明開化期の東京と横浜」
高村 直助(横浜市ふるさと歴史財団理事長・東京大学名誉教授)

会場 : 印刷博物館グーテンベルクルーム(地階)
時間 : 14:00〜15:30(終了時間は予定です)
料金 : 無料(ただし印刷博物館本展示場入場料が必要です)
定員 : 80名

詳細はこちら>>




ギャラリートーク

担当学芸員による解説を展示室にて行います

12月24日(月・祝) 
時間 : 13:30〜(約45分間の予定)
備考 : 事前申込不要 ※当日、企画展入口にお集まりください
     ご参加には印刷博物館本展示場入場料が必要です
     
     

詳細はこちら>>
印刷都市東京と近代日本

■主催
凸版印刷株式会社 印刷博物館

■後援
東京都印刷工業組合









サイトマップ | プライバシーポリシー | お問い合わせ | このサイトについて