印刷博物館 printing museum, Tokyo
ENGLISH


| 印刷博物館へようこそ | ご利用案内 | 施設案内 | 展示案内 | コレクション |  印刷博物館より |


HOME > 館長メッセージ





パッケージの新しいトレンド



 パッケージは、もとはといえば製品・商品を運搬したり、保全したりするための地味な外装具のことでした。ところが、そのパッケージが、材質としてもデザインとしても、重要な役割をはたすようになってきました。わたしたちの社会や家庭において、重たい存在感をしめすようになって。たとえば、居間でも、台所でも、職場でも、パッケージはたいへんな光彩を放っています。

 ここP&Pギャラリーで、「日本パッケージデザイン大賞2017」、「ジャパンパッケージコンペティション」、「日本パッケージングコンテスト」の3大コンテスト(コンペティション)の受賞・代表作品を展示します。そこには、パッケージというものの新しいトレンドや発想が、きらびやかに表現されているようにみえます。時代の変化が手にとるように明白だと思われます。

 現代を映しだすパッケージをぜひご覧いただき、ご感想をお寄せください。


 2017年9月


印刷博物館館長 樺山 紘一
印刷博物館館長 樺山 紘一







サイトマップ | プライバシーポリシー | お問い合わせ | このサイトについて