印刷博物館 printing museum, Tokyo
ENGLISH


| 印刷博物館へようこそ | ご利用案内 | 施設案内 | 展示案内 | コレクション |  印刷博物館より |


HOME > 館長メッセージ





「総合展」と「企画展」



 いつも印刷博物館のホームページをお訪ねいただき、ありがとうございます。実際に博物館に足を運んでくださったことでしょうか。「まだ」の方は、ぜひともおこしください。

 どこの博物館でも事情は同じですが、当館でも2種類の展示をおこなっています。常設展と特別展です。前者は、わたしたちは「総合展」とよんでいますが、コレクションのうちから、主だったものを広く展示する機会です。後者は、「企画展」ともいいますが、特定のテーマをめぐる企画のもとで、他館のコレクションもふくめて展示するもの。

 できれば、展示場も2種類が別々にあればいいのですが、なかなか、そうはいきません。展示室のやりくりをします。当館では企画展があるときには、総合展は半分ほどに絞って、ご覧いただきます。そんなわけで、その時どきで、全体の仕組みがちがうことになります。

 しかももっと複雑なことに、企画展の展示準備や総合展の模様替えのため、それぞれに最小限のお休みをいただくことになります。休室日ができてしまうのです。せっかくお出でいただいたのに、展示室が閉まっていたなどという失礼なことにもなりかねません。どうか、もしお越しいただけるのであれば、あらかじめホームページかお電話でご確認くだされば幸いです。ご訪問をお待ちしています。


印刷博物館館長 樺山 紘一
印刷博物館館長 樺山 紘一







サイトマップ | プライバシーポリシー | お問い合わせ | このサイトについて