印刷博物館 printing museum, Tokyo
ENGLISH


| 印刷博物館へようこそ | ご利用案内 | 施設案内 | 展示案内 | コレクション |  印刷博物館より |


HOME > 館長メッセージ





「キリル文字をポスターに」展覧会におでかけください。



 今年2009年に、日本とブルガリアはめでたく国交再開50周年を迎えました。私たち印刷博物館では、それを祝ってブルガリアで生まれた−「キリル文字をポスターに」展を開催します。キリル文字は現在、スラブ系の諸言語を表記する文字として使用されていますが、もとはキリル・メトディー兄弟によって西暦9世紀に創始されたグラゴル文字に起源をもちます。その後兄弟の弟子たちがブルガリアにおいて、より簡略化したキリル文字をつくりました。

 この展覧会では、キリル文字30種をデザインした30枚のポスターをご覧いただきます。ブルガリア本国はもとより、広く世界を代表するグラフィックデザイナー30人が参加してくださっています。ブルガリアは遠い国ではありますが、ヨーグルトやバラ香水などで、じつは日本とのあいだに密接なつながりがあります。キリル文字をとおして、両国の友好関係がさらに増進することを心から祈念しています。

 今年はまた「日本・ドナウ交流年2009」にあたります。本展はその記念行事の一環です。ドナウ川はブルガリアの平原を豊かに流れていますが、その情景を想いえがきながら、ドナウ諸国と日本のあいだの親善と交流がより発展することを願いたいと思います。

 多数の皆さまのご来館をお待ちしています。


印刷博物館館長 樺山 紘一
印刷博物館館長 樺山 紘一







サイトマップ | プライバシーポリシー | お問い合わせ | このサイトについて