印刷博物館 printing museum, Tokyo
ENGLISH


| 印刷博物館へようこそ | ご利用案内 | 施設案内 | 展示案内 | コレクション |  印刷博物館より |


HOME > 館長メッセージ





世界のブックデザイン2008-09



 今年も、ブックデザイン展の季節となりました。読書離れがとりざたされる昨今、本の魅力をあらためて唱えよう。そのためには、中身を豊かにするとともに、外見も美しいことが必要です。ブックデザイナーたちは、いま必死で努力しています。その姿をご紹介したいと思います。

 今回は、ドイツ主催の「世界でもっとも美しい本」コンクールの入選作、それにオランダ・イギリス・フランス・中国・日本の6カ国から選考された作品、あわせて240点の力作が、世界中からやってきました。

 たしかに、それぞれの本は別々の言語で書かれています。内容を詳しく理解することは、とても困難です。けれども、装丁や挿画のヴィジュアルは、不思議な訴える力をもちます。ブックデザインは、万国共通の言語だといえるかもしれません。グローバル化する世界でこそ、その言語によって会話を楽しみたいと思います。

 世界中から、多数の作品がつどう場所へぜひお越しください。


 2009年10月


印刷博物館館長 樺山 紘一
印刷博物館館長 樺山 紘一







サイトマップ | プライバシーポリシー | お問い合わせ | このサイトについて