印刷博物館 printing museum, Tokyo
ENGLISH


| 印刷博物館へようこそ | ご利用案内 | 施設案内 | 展示案内 | コレクション |  印刷博物館より |


HOME > 館長メッセージ





金富小学校との学習活動のあゆみ展について



 2月24日(金)からP&Pギャラリーで、「金富小学校との学習活動のあゆみ展」が始まります。

 文京区立金富小学校と私たち印刷博物館が連携した印刷体験の学習活動は、博物館が開館して間もない2000年12月に始まりました。今年度で、じつに11年目を迎えます。最初に小学6年生としてこの印刷博物館を訪れた子どもさんは、いまは成長して社会人として活躍しています。その参加者の数は、通算で500人以上にのぼります。

 2001年からは、小学5年生がポスターや絵葉書の作成に取り組む印刷体験学習として定着しました。とりわけ印刷工房の体験は、きっとこれからも、長い人生のなかでしっかりと生きていくことでしょう。活字の手ざわり、インクの香り、文字の影。それは、学校と博物館の結び目となって、未来につながっていくと思います。

 学校の児童のみなさんと地域の社会、そして私たち博物館との共同の作業。その情景の11年の証言を、どうか覗いてみてください。


 2012年2月


印刷博物館館長 樺山 紘一
印刷博物館館長 樺山 紘一







サイトマップ | プライバシーポリシー | お問い合わせ | このサイトについて