印刷博物館 printing museum, Tokyo
ENGLISH


| 印刷博物館へようこそ | ご利用案内 | 施設案内 | 展示案内 | コレクション |  印刷博物館より |


HOME > 館長メッセージ





電子書籍展がはじまります



 3月31日から、P&Pギャラリーで電子書籍展を開催します。

 いまさら、なにを「電子書籍」なのかと、いぶかしげにお尋ねの向きもあるでしょうか。これだけ各方面で話題にされているのに、屋上に屋を重ねるとはこのことかと。

 でも、じつはその電子書籍の成りたちや仕組みは、意外に知られていないらしいのです。本当のことを言うと、みな知ったかぶりをして、本物のエキスパートの口真似をし、「電子書籍は、印刷本を駆逐するか」などと、ご託をこねているのかもしれません。もちろんかく言うわたしだって、デジタル音痴ぶりがすぐに尻尾を出してしまいます。

 いちど、ごく基本にもどって、ものの理屈を考えなおしてみたい。そして、この際、分かったつもりのことを、あらためて確かめなおしておきたい。この展覧会は、ゼロからの仕切り直しをめざします。アナログ本とデジタル本の比較から、デジタル本の未来形まで、いちど洗いざらい棚卸しをしてみることにしました。 どうか遠慮なく、ご意見をおきかせください。わたしたちも、理解できる範囲のことを、ご一緒に考えてみたいと思います。


 2012年3月


印刷博物館館長 樺山 紘一
印刷博物館館長 樺山 紘一







サイトマップ | プライバシーポリシー | お問い合わせ | このサイトについて