印刷博物館 printing museum, Tokyo
ENGLISH


| 印刷博物館へようこそ | ご利用案内 | 施設案内 | 展示案内 | コレクション |  印刷博物館より |


HOME > 館長メッセージ





企画展示「印刷都市東京と近代日本」が始まりました。



 わたしたちの博物館は、印刷の町のどまんなかにあります。大小の印刷会社・工場が、いまでもここ小石川とその周辺に立地しています。いえ、小石川に限りません。山の手から下町まで、東京は印刷万般のふるさとといっても構いません。印刷・製本など書籍・雑誌に関連する活動、それにお札、切手や証券ほかすべてをあわせてのことです。まことに、とびきりの印刷都市です。

 じつは、こうした事情は、はるか遠い江戸時代に始まりました。浮世絵や読本の刊行・出版。そして幕末から明治初年の文明開化の時代には、官民・公私のあらゆる場で、新しい首都である東京は印刷でにぎわいます。その技術・文化や産業・経営が、近代日本の発展を力強く支えることになりました。

 そのありさまは、同時代の世界各国とくらべても、珍しいほどといっても過言ではありません。あまりに身近なためにかえってそのことに気付かなかったこともありますが。いずれにしてもこの機会に、印刷首都の誕生と発展の姿を、あらためて確かめてみたいと考えました。

 各方面から、さまざまな情報をいただき、貴重な資料も提供していただきました。はたして、印刷都市東京の仕組みや成り立ちを、よく説明できたでしょうか。どうかご感想やご助言をお聞かせください。


 2012年10月


印刷博物館館長 樺山 紘一
印刷博物館館長 樺山 紘一







サイトマップ | プライバシーポリシー | お問い合わせ | このサイトについて