印刷博物館 printing museum, Tokyo
ENGLISH


| 印刷博物館へようこそ | ご利用案内 | 施設案内 | 展示案内 | コレクション |  印刷博物館より |


HOME > 館長メッセージ





今話題の三次元プリンティングってなに?



 このところ3D(三次元)プリンティングということばが、急に世の中をにぎわせるようになりました。二次元ならば、印刷の技術は千年をこえるような歴史をほこり、いまもあらゆる場所で活躍をつづけています。けれども、三次元の物体のコピーを、機械的な方法で製作するとなると、いったいどのようにして・・・。

 ところが、たしかにこの新技術は、ごく初期の開発段階をおえて、いまではもう広く実用の時代をむかえようとしています。暮らしのなかの生活雑貨から医療用のアイテム、そして生産機器や文化財まで、その適用範囲は、限りなく拡がりそうです。

 もちろん、難関や障害もあります。印刷を主題とするミュージアムである当館も、この新技術の現在と将来について、観察の眼をめぐらせてみようと考えました。ぜひ「3Dプリンティングの世界にようこそ!」をご覧ください。お越しをお待ちしております。


 2014年3月


印刷博物館館長 樺山 紘一
印刷博物館館長 樺山 紘一







サイトマップ | プライバシーポリシー | お問い合わせ | このサイトについて