コレクション

〈トスカ〉

展示中

1899年制作/サイズ:337×1006mm(横×縦)

資料番号:20842

19世紀末から第一次世界大戦までの四半世紀のフランスは「ベル・エポック(良き時代)」と呼ばれ、パリの市民は劇場やキャバレーに足を運び、楽しんでいました。街頭にはこうした娯楽を人々に伝える、カラー・リトグラフのポスターが数多く貼られていました。
リトグラフ(石版印刷)は18世紀末に発明された技術ですが、この技術を用いてポスターの世界にカラー・リトグラフを導入したのはジュール・シェレでした。そのシェレに続き、フランスでは多くの画家がポスター製作を手がけました。その1人がアルフォンス・ミュシャです。ミュシャを一躍有名にしたのは、フランスの大女優サラ・ベルナールのために作られた演劇ポスターです。ミュシャはサラの舞台のポスターを7枚製作しましたが、これらはサラの舞台姿を忠実に写し取り、描かれています。個々に紹介するポスター《トスカ》は、その衣装から、第一幕の場面から取られていることが分かります。この場面と思われるサラの舞台写真が残っており、ミュシャはそれを基に描いたと言われています。