印刷博物館 printing museum, Tokyo
ENGLISH


| 印刷博物館へようこそ | ご利用案内 | 施設案内 | 展示案内 | コレクション |  印刷博物館より |


HOME > 展示案内 > P&Pギャラリー > 世界のブックデザイン2018-19


展示案内









【P&Pギャラリー】

世界のブックデザイン2018-19






「世界で最も美しい本コンクール」および、日本、ドイツ、オランダ、スイス、オーストリア、カナダ、中国の各国コンクール入選図書を展示。

本展では、2019年3月に発表された「世界で最も美しい本コンクール」の入選図書とともに、7カ国(日本、ドイツ、オランダ、スイス、オーストリア、カナダ、中国)のコンクール入賞図書を加えたおよそ170点を展示します。会場では本を実際に手に取って確かめ、世界最高峰のブックデザインと造本技術を楽しんでいただくことができます。
2019年は日本とオーストリアが国交を樹立して150周年にあたります。これを記念し、これまでの受賞図書のなかから厳選した20冊のオーストリアの本をご紹介します。 
※発行数等が少ない等の理由で入手困難な本があるため、受賞作すべての展示ではありません。

会 期 2019年12月14日(土)〜2020年3月29日(日)
休館日 今回の新型コロナウイルス感染に対するお客様の安全と拡大防止を図るため、2月29日(土)から当面の間、臨時休館とさせていただきます。
毎週月曜日(ただし1月13日、2月24日は開館)、12月28日(土)〜2020年1月5日(日)、1月14日(火)、2月25日(火)
開館時間 10:00〜18:00
入場料 無 料
※印刷博物館本展示場にご入場の際は入場料が必要です(2020年1月より本展示場は休室となります)




トークショー

■『紙の本が生まれる、その舞台裏へ』
 2019年12月15日(日)15:00-16:00
 広瀬奈々子(映画監督)
 水戸部功(装幀家)
 菱沼達也(編集者)

■第53回造本装幀コンクール受賞者「受賞作」を語る
 2020年3月7日(土)15:00-17:00
 藤田裕美(アートディレクター/グラフィックデザイナー)
 刈谷悠三(neucitora/グラフィックデザイナー)
 平林美咲(紙作室そえがき/グラフィックデザイナー)
今回の新型コロナウイルス感染に対するお客様の安全と拡大防止を図るため、【第53回造本装幀コンクール受賞者「受賞作」を語る】は中止とさせていただきます。
※講演会・ワークショップ概要ページよりご希望のトークショーをお申し込みください(お申込み画面から外部サイトへ移動します)

詳細はこちら>>




製本ワークショップ

2020年3月15日(日)
10:15-12:15 
初級「文庫本サイズのメモを使ってハードカバーのノートづくり」
材料・道具使用費 :1320円

14:00-16:00
中級「蛇腹本づくり―御朱印帖」
材料・道具使用費 :1650円 

各回抽選10名(当選後、材料費お振り込みをもって受付完了とさせていただきます)
協力 : 美篶堂(みすずどう)
今回の新型コロナウイルス感染に対するお客様の安全と拡大防止を図るため、製本ワークショップは中止とさせていただきます。
※講演会・ワークショップ概要ページよりお申し込みください(お申込み画面から外部サイトへ移動します)

詳細はこちら>>




関連トークショー

■ゲーテ・インスティトゥート東京図書館主催トークショー
「博物館としての本―ブックデザインと知識の編集」※通訳付き

2020年3月14日(土) 14:00-15:30
ユーディト・シャランスキー(ドイツのもっとも美しい本2019受賞者)
水戸部功(装幀家)

「私は以前からずっと、知らなければいけない事がすべて載っている本があったらどんなにいいだろうと思っていたんです。途方もなく及ばないことだとしても、そんな本を私は書きたい。スマートフォンがいつでも何でも教えてくれる今日こそ、私たちにはキュレーションを経た知識が必要とされるのです。」
(ユーディット・シャランスキー)

作家としてのシャランスキーは、知見と執筆活動を深めるためリサーチを徹底して行います。そうして生まれた作品に、自身、ブックデザイナーとして、グラフィックデザインやタイポグラフィを通じ手塩にかけた本を作り上げます。
今回のイベントでは、ユーディット・シャランスキーと装幀家の水戸部功との対談を通じ、本づくりとブックデザインについて考察します。

※お申込及びお問い合わせは、ゲーテ・インスティトゥート東京図書館ホームページまで。
※下記リンク先は外部サイトへ移動します。
※今回の新型コロナウイルス感染に対するお客様の安全と拡大防止を図るため、「博物館としての本―ブックデザインと知識の編集」は中止とさせていただきます。

詳細はこちら>>
ポスター
※ポスター画像をクリックすると展示詳細PDFを表示します

■主催
凸版印刷株式会社 印刷博物館

■後援
公益社団法人 日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)

■協力
ゲーテ・インスティトゥート東京
一般社団法人 日本書籍出版協会
一般社団法人 日本印刷産業連合会
カナダ大使館
Stiftung Buchkunst
Stichting De Best Verzorgde Boeken
Bundesamt für Kultur Wettbewerb Die schönsten Schweizer Bücher









サイトマップ | プライバシーポリシー | お問い合わせ | このサイトについて