印刷博物館 printing museum, Tokyo
ENGLISH


| 印刷博物館へようこそ | ご利用案内 | 施設案内 | 展示案内 | コレクション |  印刷博物館より |


HOME > 館長メッセージ





「現代日本のパッケージ2019」がはじまりました



 P&Pギャラリーのリニューアルとともに、「現代日本のパッケージ2019」開催の運びとなりました。この展覧会は、今年で5回目にあたります。関連3団体との共催のもと、それぞれのコンクールの成果をご覧いただきます。

 どのコンクールも長い歴史をもっていますが、その間にパッケージのあり方は、大きな発展をしるしてきました。パッケージを商品にあわせ発信する側と、それを受けとる消費者の側の双方に、意識や評価の深まりが見えています。

 なによりも、パッケージが社会空間や家庭空間のなかで、地味な役割どころか、むしろ大事な主役のひとりに格上げされたからでしょうか。あらゆる人びとに使いやすいユニバーサルデザインや、地球環境に優しい材質の開発といった、新しい課題にも向きあっていることが、ひしひしと感じられます。

 それらのめざましい実例をご鑑賞いただく場を設けられることは、私たちにとっても嬉しい幸運です。ぜひ印刷博物館に足をお運びください。皆さまのお越しをお待ちしております。


 2019年9月


印刷博物館館長 樺山 紘一
印刷博物館館長 樺山 紘一







サイトマップ | プライバシーポリシー | お問い合わせ | このサイトについて