出張ワークショップレポート

出張ワークショップレポート

  • 2014年6月21日(土)

    活版印刷体験とマイノートづくり/主催:神奈川近代文学館

    企画展『装丁=菊池信義とある「著者50人の本」』展の関連ワークショップを開催。宮沢賢治の詩「星めぐりの歌」を題材に、1人1行ずつ活字を組み、二つ折りカードに印刷。加えて、B5サイズ64ページの中綴じノートをつくる製本体験を実施。

    場所:神奈川近代文学館
    対象:高校生以上

  • 2014年2月23日(日)

    「色イロひろがる印刷発見展」連動ワークショップ「マイノート&活版印刷でカラフルなカードをつくろう」/主催:北九州イノベーションギャラリー

    企画展「色イロひろがる印刷発見展」の関連イベントとして、樹脂板と活字をつかった3色刷りのカードを印刷。カラー印刷のしくみを用いて色を重ねると、カラフルなクマの絵ができあがる。加えて、B5サイズ64ページの中綴じノートをつくる製本体験を実施。

    場所:北九州イノベーションギャラリー
    対象:小学生(保護者同伴)

  • 2014年2月1日(土)

    「江戸の印刷」講演会&活版ワークショップ 栞作り/主催:練馬区立貫井図書館

    貫井図書館デジタル化事業の関連イベントとして、当館学芸員による講演会「江戸の印刷」を開催。また、活版印刷体験では、欧文活字を組み、英語のことわざを栞に印刷。

    場所:練馬区立貫井図書館
    対象:中学生以上

  • 2014年1月12日(日)

    「本ってどうやってできるの?」作って学ぶ製本&活版印刷/主催:さぬきこどもの国

    B5サイズ64ページの中綴じノートをつくる製本体験を開催。加えて、樹脂板と活字をつかった3色刷りのカードを印刷。カラー印刷のしくみを用いて色を重ねると、カラフルな絵ができあがる。

    場所:さぬきこどもの国
    対象:小学3年生以上

  • 2013年10月26日(土)

    徳川家康の「駿河版銅活字」とは? 活字による印刷体験とレクチャー/主催:静岡市番町市民活動センター

    講演会「徳川家康と駿河版銅活字」と活版印刷体験を同時開催。体験では、欧文活字を組み、コースターに名前を印刷。加えて、活版印刷に関する映像「和文組版の基礎」と「欧文組版の基礎」を上映。

    場所:静岡市番町市民活動センター
    対象:静岡市民