企画展示

開催終了

グラフィックトライアル 2007

2007年4月24日(火)~2007年7月8日(日)
10:00~18:00

「印刷表現の追求」をテーマに昨年より始まった「グラフィックトライアル」展。今年も「オフセット」をテーマに、4名のグラフィックデザイナーの方々の印刷実験の過程とその成果をご紹介します。

今年は澁谷克彦、服部一成、平林奈緒美、青柳雅博の4人のクリエイターが、凸版印刷のプリンティングディレクターとともに、約3カ月かけて試行を繰り返し、それぞれのアイデアを5枚ずつのポスターにまとめました。それぞれのテーマは「「白」をふくらませる。ホワイト版」(澁谷)、「CMYK4色の線のかけ合わせで」(服部)、「オフセットでPOP ART」(平林)、「重ねてつくるイロ・カタチ」(青柳)です。さて、どんなトライアルが行われたかはP&Pギャラリーで。

会期

2007年4月24日(火)~2007年7月8日(日)

休館日

毎週月曜日(ただし4月30日は開館)

開館時間

10:00~18:00

入場料

無料
※印刷博物館本展示場にご入場の際は入場料が必要です

主催

凸版印刷株式会社 印刷博物館

後援

社団法人日本グラフィックデザイナー協会/JAGDA

イベント情報

トークイベント

  • 会期中参加クリエーターをゲストに迎えるトークイベントを開催いたします

    日時:2007年6月16日(土)15:00~17:00 会場:地下1階グーテンベルクルーム 定員:80名 入場料:無料 ※印刷博物館本展示場にご入場の際は入場料が必要です
    事前申込必要
グラフィックトライアル 2007
2007年4月24日(火)~2007年7月8日(日)
10:00~18:00
リンクをコピーする
このページをシェアする
モーダル拡大画像