ライブラリー

約7万冊の資料を収蔵する印刷専門アーカイブ

ライブラリーでは印刷とその関連分野を中心に、約7万冊の資料を収蔵しています。閲覧のほか、複写やレファレンスのサービスも行っています。
*複写は著作権保護期間が満了したもの、公益社団法人日本複製権センターに委託されたもの、著作権者の許諾が取れたもののみ可能です(10円/枚より)。

■ご利用時の注意

  • 3時間ごとの入替制とし、各時間帯2名まで
    時間帯
    10時~13時
    14時~17時
    利用人数
    2名
    2名
  • 閲覧冊数:5冊まで
  • レファレンスは電話かメールにて事前にお問い合わせください。

■ご利用方法

ライブラリー利用のお申し込みはこちらのフォームより承ります。
遅くとも希望日時の3日前にはご登録ください。
希望日時のご利用が難しい場合や、回答までにお時間をいただく場合もございます。
休館日(月)のお問い合わせは火曜日以降のご連絡となります。
また、担当者よりお電話を差し上げる場合がございますので、
あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。

  • 休室日

    印刷博物館休館日およびP&Pギャラリー展示工事の都合により休室日が変更になることがあります。スケジュールはこちら

  • 利用料金

    無料

  • 電話

    03-5840-2300

  • メール

    library@printing-museum.org

ご利用案内

  • ライブラリー受付カウンター

    ライブラリーでは閲覧や複写、レファレンスのサービスを行っております。
    ご希望の方は受付カウンターにて承ります。資料の探索や図書室の利用法などご不明な点はお気軽にご相談ください。

    なお、貸出サービスは行っておりませんのであらかじめご了承ください。

  • 書庫 (閉架)

    閉架式書庫では印刷とその関連分野を中心に、約7万冊(2019年9月現在、図書:約32,000冊、雑誌:約37,000冊)を収蔵しています。収集分野は印刷全般、出版、広告、文字、活字、アート&デザイン、版画、インキ、紙、製本、書誌学、印刷物関連、展示資料関連、社史・団体史など。

    資料の閲覧を希望される方はライブラリー内情報コーナー、または蔵書検索システムでお調べのうえ、お申し込みください。

  • 閲覧スペース

    閲覧スペースでは書庫内の資料(お申し込み制)のほか、印刷業界紙(新聞)や雑誌の最新号、これまでの企画展図録、開催中の企画展関連文献などを自由にご覧いただけます。なお、鉛筆やパソコンの持ち込みは可能ですが、室内での携帯電話の使用や飲食はご遠慮ください。
    資料をお探しの際はライブラリー内閲覧スペースの検索端末、またはインターネットをご利用ください。蔵書検索システムは目次からも調べることが可能です。資料を幅広く探す際に役立ちます。閲覧をご希望の際はカウンターでお申し込みください。また、明治期発行の『印刷雑誌』『印刷世界』は閲覧スペース内の端末でデジタル版をご覧いただけます。

    *展示用資料として収蔵されている本は、ライブラリーでは検索・閲覧できませんのであらかじめご了承願います。

  • レファレンスサービス

    印刷とその他関連分野についてのご質問や資料の探索は、館内のほか、電話・Fax・E-mailでも受け付けております。また、過去のレファレンス事例の一部は国立国会図書館のレファレンス協同データベースでも公開しています。