企画展示

開催終了

日本とドイツの美しい本展 2006

「第41回造本装幀コンクール展」と「ドイツの最も美しい本 2006」

2007年11月3日(土)~2008年2月3日(日)
10:00~18:00

日本とドイツのそれぞれの国で開催された美しい本を選ぶコンクールの入選図書を紹介します。

ドイツ・エディトリアルデザイン財団により、その年度の新刊本から選出される「ドイツの最も美しい本」。厳しい審査で定評のあるコンクールです。本の内容から組み立てられた造本コンセプトをもとに計画された、タイポグラフィ、グラフィック、組版、用紙、印刷、製本。これらを可能な選択肢より厳選し、最も効果的な方法でつくり出された2006年度の応募図書943点のなかから選出された60点をご紹介します。
一方、昨年度から紹介している「造本装幀コンクール」は、「より美しく、よりよい本づくり」を目指すもので、今年で41回目を迎えました。今回は363点の応募図書のなかから、組版、色、レイアウト、ジャケットの美しさや機能性、材料、印刷、製本の観点から選び出された29点をご紹介します。
現代の日本とドイツで選ばれた美しい本を、実際にお手にとってじっくりと見比べ、そして味わって下さい。

会期

2007年11月3日(土)~2008年2月3日(日)

休館日

毎週月曜日(ただし、2008年1月14日は開館)
12月29(土)~2008年1月3日(木)、1月15日(火)

開館時間

10:00~18:00

入場料

無料
※印刷博物館本展示場にご入場の際は入場料が必要です

主催

凸版印刷株式会社 印刷博物館

協力

東京ドイツ文化センター/社団法人日本印刷産業連合会/社団法人日本書籍出版協会

イベント情報

デザイントーク in TOPPAN vol.4「ブックデザインにおけるフォント活用とDTPの今」

  • 太田克史(講談社・講談社BOX/部長)/坂野公一(welle design/グラフィックデザイナー)/祖父江慎(cozfish/ブックデザイナー)/紺野慎一(凸版印刷/ディレクター)

    デジタル化の進展により、DTPの技術は表現の可能性の幅を大きく広げてきています。この様な時代の流れの中で、改めて「美しい組版」、「内容に相応しいフォント」に焦点を当て、ブックデザインにおいて重要な“文字”にまつわるお話を、第一線で活躍する方々にしていただきます。その奥深い世界をどうぞご堪能ください。

    日時:2007年11月11日(日)15:00~17:00(開場時間 14:30) 会場:地下1階グーテンベルクルーム 料金:無料 ※印刷博物館本展示場にご入場の際は入場料が必要です 主催:凸版印刷株式会社 企画:凸版印刷株式会社 グラフィック・アーツ・センター お申し込み:印刷博物館ホームページ、FAX、郵送にて
    事前申込必要
日本とドイツの美しい本展 2006 「第41回造本装幀コンクール展」と「ドイツの最も美しい本 2006」
2007年11月3日(土)~2008年2月3日(日)
10:00~18:00
リンクをコピーする
このページをシェアする
モーダル拡大画像