企画展示

開催終了

ブルガリアで生まれた―

「キリル文字をポスターに」展

2009年1月29日(木)~2009年2月22日(日)
10:00~18:00

20カ国30名がひとり1文字をテーマにデザイン

欧州で代表的なアルファベットの一つ、キリル文字はブルガリアで誕生しました。2007年ソフィアで開催された第5回「ステージポスター国際トリエンナーレ」は、キリル文字をテーマに20カ国30名のデザイナーに制作を依頼しました。その展覧会はパリ、ニューヨークから始まり、日本・ブルガリア国交再開50周年にあたる2009年に、東京でも開催されることになりました。世界のデザイナーが、与えられた一文字をテーマに個性溢れるタイポグラフィックな表現を試みています。

会期

2009年1月29日(木)~2009年2月22日(日)

休館日

毎週月曜日

開館時間

10:00~18:00

入場料

無料
※印刷博物館本展示場にご入場の際は入場料が必要です

主催

凸版印刷株式会社 印刷博物館

企画

ステージポスター国際トリエンナーレ実行委員会 

協力

駐日ブルガリア共和国大使館/ブルガリア共和国文化省・外務省

後援

社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)

イベント情報

講演会

キリル文字の歴史とブルガリア

  • 佐藤純一(東京大学 名誉教授)

    グラゴル文字とキリル文字の誕生、中世ブルガリアや他のスラヴ諸国へのキリル文字の広がり、正教とカトリックの関係、また今回ポスターにもなった現在ブルガリアで使われているキリル文字30字について、やさしく解説をしていただきます。

    日時:2009年2月22日(日)14:00~
    事前申込必要
ブルガリアで生まれた― 「キリル文字をポスターに」展
2009年1月29日(木)~2009年2月22日(日)
10:00~18:00
リンクをコピーする
このページをシェアする
モーダル拡大画像