企画展示

開催終了

デザイナー誕生:1950年代 日本のグラフィック

2008年4月19日(土)~2008年7月6日(日)
10:00~18:00(入場は17:30まで)

戦後の混乱がようやく落ち着き始め、高度経済成長へと向かった日本の1950年代。
デザインは社会において、特に経済・貿易活動のなかで急速に注目されていきました。伝統工芸品はもとより工業生産品といった、「ものづくり」に関わるデザインは、確実に日本の経済を支えるパーツの一つとして重要視され、産業活動に組み込まれ成長します。
本展は、1950年代を戦後デザインの土台を築いた時代ととらえ、そこで繰り広げられたグラフィックデザインの諸相を、ポスター、新聞・雑誌広告、冊子、包装紙・パッケージ、書籍などと関係資料合わせて500点を通じてご紹介するものです。

会期

2008年4月19日(土)~2008年7月6日(日)

休館日

毎週月曜日(但し、5月5日は開館)、5月7日

開館時間

10:00~18:00(入場は17:30まで)

入場料

一般500円、学生300円、中高生200円、小学生以下無料
※20名以上の団体は各50円引き
※65歳以上の方は無料
※身体障害者手帳等お持ちの方とその付き添いの方は無料

主催

凸版印刷株式会社 印刷博物館

後援

社団法人日本グラフィックデザイナー協会/JAGDA

イベント情報

シンポジウム

50年代の文化とデザイン

  • 柏木博(武蔵野美術大学 教授)/高島直之(武蔵野美術大学 教授)/森仁史(デザイン史研究家)

    日時:2008年6月8日(日)14:30~16:00
    事前申込必要
デザイナー誕生:1950年代 日本のグラフィック
2008年4月19日(土)~2008年7月6日(日)
10:00~18:00(入場は17:30まで)
リンクをコピーする
このページをシェアする
モーダル拡大画像